対策工事

土壌汚染・地下水汚染の対策は多種多様な対策手法がありますが、対象地の条件によって適用可能な方法、効果、コストが異なります。当社は対象地の条件にあわせ最適な対策手法を提案いたします。

対策工事

汚染浄化対策
汚染物質を分解したり、取り除いたりする方法です。土地の売却等で抜本的な汚染の除去が求められている場合や、汚染の供給源を絶ちたいときに選択する方法です。
汚染拡散防止対策
建物や設備を撤去せず敷地外への汚染拡散を防止する方法です。工場操業を継続するため浄化工事ができないが敷地外に汚染を拡散させたくないとき、汚染浄化対策費が高額で将来の土地利用目的に合わないときに選択する方法です。
  • 当社で取扱い実績がある対策工事
    当社で取扱い実績がある対策工事
汚染浄化対策 汚染拡散防止対策

リスクコミュニケーション

土壌・地下水汚染問題は、事業者は確かな情報と明確な対応方針を示すことにより周辺住民の不安を取り除き、事業者、自治体、住民の三者が一体となり問題に取り組むことが必要です。
MINDECOは調査・対策工事の各段階においても土壌環境コンサルタントとして情報公開、行政対応をサポート致します。

モニタリング

対策の効果を確認するには、定期的なモニタリングが必要です。モニタリングは、ただ土壌や地下水の汚染濃度を求めるだけでなく、汚染物質の回収データとあわせて解釈し、継続的な汚染モデルの見直しや、必要に応じて対策手法の検討も行うことが重要となります。

swiss replica watches uk